So-net無料ブログ作成
検索選択

WHS Windows Home Server リモートアクセス [コンピュータ PC]

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
年末から設定やら改造やらで大変でしたがやっと一段落一部パーツも変更したりしてサーバーとして運用というより
マルチメディアサーバーって言った方がいいんじゃないかなぁとも思ったりします。
とりあえず、リモートアクセスを実験した結果を。

まず、LANが複数ある場合は固定IPを振ってください。
次にホームサーバーコンソールから設定を選択。
設定画面からリモートアクセスを選択。
まずはドメインをとるところから。
既存のメールアドレスWindows Liveから(あとひとつあった気もします・・。)選びます
せっかくなので私はWindows Liveから設定しました。
設定内容はメールドメインを取得するとそのドメインがリモートアクセス用のアドレスになります。(別を選ぶことも出来たはず)
設定が終わったならばWebサイト接続を有効に有効になってれば無視
次にルーターですが、これは自動でポート開放が出来るものと出来ないものがあります。
出来なければ自分でルーターのポートを開放してください。
開放ポートは
80     WEBサーバーとして使用するポート
443    httpsにアクセスするためのポート
4125   リモートディスクトップを開放するためのポート
の3種類となります。
ルーター構成の詳細からホームサーバーのIP、をみつつそのIPとLANの固定IPが一致しているか確認してルーターの開放ポートの設定の際にそのLANの固定IPを入力。
あとWebサイトホームページはリモートアクセスを選ぶ。

これでアクセスが可能になるはずです。

意外と面白いですね。どこにいても使えるというのは便利だと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。